ストレスの感じ方、回避の仕方

女性は男性よりもストレスに弱いと言われます。感じ方は人それぞれ、個人差もあります。

どう回避すれば良いのでしょうか。

ストレスを溜めやすい人

よく言われる事は「完璧主義な人」「几帳面な人」「神経質な人」「心配性な人」はストレスを溜めやすいなどと言います。

しかし性格は簡単に変えられるわけではないですし、このような人はマイナス面ばかりではなく、「きちんと仕事をする人」「ミスのない人」など仕事をする面ではプラスに働く事が非常に多いのも事実です。

おそらくこのような人がストレスを感じるのは、他人に対して自分と同じ事を求めたり、あるいは人の完成度を自分と比較して「自分ならもっと…」と満足しないのではないのかと思います。

思い通りにならないのが人生

一人で生きている(仕事をしている)訳ではないので、自分の思い通りにはならないのが現実。

対人関係は他人は他人と割り切る事も一つの回避法です。

仕事の仕方があなたと違っていても多少は目をつぶる。多めに見てあげてストレスにしない。

逆に問題事がストレスとなるときは、その解決になるべく多くの意見を聞けるよう相談できる人をたくさん持つと良いでしょう。自分の思ってもいない解決方法が出てくる事があります。

また、人生経験を積み年齢を重ねるといろいろな場面に遭遇する事も多くなり、様々な回避の仕方を身につける事になります。

若いうちは何事も経験と思い、問題事にも前向きに取り組んでみてはどうでしょうか。

イライラしない工夫をする

時間通りに進まない事を考え、タイトなスケジュールにしない事で心にも余裕が生まれます。

急な環境の変化にストレスに感じる人もいるでしょうが、そのような状態を楽しんでみる。新しい事に拒否反応を示さず、まず受け入れてみるのも一つの方法です。

人に対しても先入観を持たずに接してみると、案外ストレスを感じずスムーズな会話が出来るかもしれません。

 

趣味に没頭してスッキリしたり、現実逃避を上手にするといつしかストレスに感じる事を忘れているかもしれません。

自分にあったストレス解消法を身につける工夫も必要です。