姿勢が良くなりましたね、と言われる事

フラスタジオナオ 骨髄バンク「命のつどい」2016.10.10
フラスタジオナオ 骨髄バンク「命のつどい」2016.10.10

フラの健康効果、二回目は「姿勢」

ダンスに共通、姿勢のよさ

バレエ、社交ダンス、日本舞踊、アイリッシュダンス…どれを取っても姿勢が良いですね。

やはりダンスは姿勢が決め手です。

私も以前は猫背だったのが、フラをやり始めて「姿勢が良いですね」と言われるようになりました。

骨盤底筋群・下腹部を意識

私の教室では、ですが「骨盤底筋群」を意識してもらいます。下腹部にも意識を集中することで前面(正面)をフラットな状態に。外人のフラダンサーさん達はお尻がプリッとしてるので、真似して腰を反らせ過ぎ痛めてしまうこともあります。それを防止するためにも下腹部に意識を集中させることはとても大事です。

上からつられているようにしデコルテ意識

上に伸びることは姿勢改善のポイント。バレエなどでもおそらくこのように声がけされると思います。

首が伸びても肩が上がってしまうと何もなりません。頭は上方向に、肩は下げてリラックス。

肘を曲げ後ろに引くようにし、肩甲骨を少し引き寄せる感じにするとデコルテ(首から胸にかけて)が広がります。

女性はだんだん姿勢が悪化していく

筋力が低下していく女性。

猫背や反り腰など知らず知らずのうちに姿勢が悪化していきます。

意識し続ける事が必要です。

フラは鏡を見ながらのレッスンなので、意識しやすいのかもしれません。