女性と発酵食品

昨年作った手作り味噌を食べ始めました。手作りすると自分の身体についている菌(常在菌)を発酵に活用できるので身体にフィットしやすいようです。

大豆と米麹と塩のみ。入ってるものがわかっているのも安心です。

発酵食品はスゴい!

食生活の欧米化で味噌汁や納豆、漬物などを最近食べなくなって来ましたね。

食品が発酵するためには「菌」の力が必要です。

菌が食品中の糖類を分解し乳酸やアルコールなどの旨味を増し、保存性を高めます。

菌が存在することで腸内細菌叢を整えることにも繋がります。

アミノ酸やミネラル、ビタミン、酵素なども多く含まれています。

旨味や保存性だけではなく、身体にも良いんですね。

どんな風にスゴいのか

以前腸内フローラと健康に関係性が発見された事をお伝えしました(こちら

善玉菌を増やし腸内フローラを整えることでアレルギーなどの改善が見られる事からそのようなヨーグルトが発売されている事はご存知ですよね。

誤解してはいけないのは「ヨーグルトを食べるとアレルギーが治まる」のではありません。

腸内フローラを整える事が重要なのでヨーグルトでなくても良いのです。味噌や醤油、ぬか漬けなどでも大丈夫!

そして継続して食べる事。続ける事で腸内細菌叢が善玉菌が多くなるように傾いていきます。免疫力が高まっていき病気を予防する事もできます。

美肌のためにも

綺麗な肌に欠かせない栄養素を取り込むのは腸。やはり腸内フローラを整えると肌の調子も良くなります。

便秘がニキビや肌荒れに繋がるのはご存知でしょう。栄養を取り込むだけではなく腸内環境を整える事は便秘も解消します。

何度も言いますが継続して食べる事。一つにこだわらず毎食発酵食品が食卓に有ると良いですね。

酢の物やザワークラウト(ドイツのキャベツの漬物)も発酵食品。キムチ、メンマ、ピクルス、豆板醤、コチジャンなどもそうです。

この発酵食品がスゴい!

スゴいパワーを持つ発酵食品、それは「納豆」

納豆菌でタンパク質がアミノ酸にまで分解されているため吸収が良く、多く含まれるビタミンKは骨形成に欠かせないもので骨粗鬆症の予防や治療に効果があります。

また納豆菌が作るナットウキナーゼという酵素は血栓を防ぐ働きが有る事がわかっています。

納豆が女性の味方なのは昔から言われていた事ですが、閉経後骨粗鬆症や心筋梗塞などが心配になる女性は積極的に撮りたい発酵食品ですね。

(※ただしワーファリンというお薬を飲まれている方は納豆を食べられません。ご注意ください)