今日は世界メノポーズデー

10月18日は「世界メノポーズデー」。そして18〜24日は「メノポーズ週間」です。

人生のターニングポイント

平成11年に開催された第9回国際閉経学会において21世紀を目前に高齢化社会の到来を受け、今後更年期の健康に関わる情報を 全世界へ提供する日として、毎年10月18日を「世界メノポーズデー」と定めることが、採択されました。

「メノポーズ」とは閉経(12ヶ月以上の無月経)の事。

この前後の約10年を「更年期」と言い、人生のターニングポイントとなるのがこの時期です。

この時期いろいろな症状が出てくるのは、閉経に向け女性ホルモンが急激に減って来る事で自律神経のバランスを崩すためだと言われています。

メノポーズ週間とは

一般社団法人日本女性医学学会(ホームページはこちら)主催の「メノポーズ週間」は、<更年期についての情報を一般の方々に広くお知らせし、女性の健康増進に貢献すること>を目的としています。

多くの企業がメノポーズ週間を応援し、更年期に関する情報を提供しています。

 

対処の方法を知って少しでも楽しく

個人差があり症状も様々な更年期症状。日常生活がままならない状態は更年期障害と言われます。

社会に進出してきた女性にとって、辛い症状を抱えながら仕事をするのは大変です。

若い時と同じパフォーマンスを発揮できなくなっていく自分に歯痒さや苛立ちを感じる事もあります。

それがさらにイライラや落ち込みにつながる事もあり、負のスパイラルに陥ってしまいます。

今はたくさんの対処の方法がある事をご存知ですか?

 

多くの人がその症状が更年期の症状だと気がついていないのが現状です。

 

ホルモンのバランスは40歳を過ぎると(早い人では30代から)揺らぎ始め、世に言う「更年期症状」は閉経前からすでに出てきています。

この事をたくさんの人に早く気付いていただき、自分に合った対処法を知り、ターニングポイントを快適に折り返し、楽しい第二の人生を歩み出していただきたいです。