香りと脳

昨日のコラムで「好きな香りの入浴剤を入れれば…」と書きましたが、心地よい香りを嗅ぐと気持ちが落ち着く人もいるはず。

アロマテラピー のように香りで治療する事もあります。脳はどのように香りを感知するのでしょうか。

五感は全て脳でコントロールされるが

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感は脳でコントロールされています。

嗅覚以外の4つの感覚は大脳新皮質と呼ばれる脳の中で比較的新しい部位で感知されます。

この大脳新皮質で識別されたものが、その奥の大脳辺縁系で認識されるという2段階を踏んでいます。

「これは花」と視覚が識別してから「きれいな花」と情緒的判断が行われるわけです。

嗅覚だけは

さて、嗅覚だけはダイレクトに大脳辺縁系へ届くので香りを嗅いだ瞬間に「いい香り」「嫌な臭い」とすぐさま感情に結びつけることが出来るのです。

大脳辺縁系は人間の記憶と感情に加え、自律神経やホルモン、免疫の調節も司っています。

そのため直接大脳辺縁系に到達する「香り」は理性・知性などを司る大脳新皮質に邪魔されず、自律神経のバランス調節が早く行われるのではないでしょうか。

コーヒーの香りは人を優しくさせる

アメリカのレンセラー工科大学のバロン博士の行った実験では、コーヒーの香りを嗅ぐと、他人に親切になるという事が実証されました。

強いリラックスを感じる時、人は相手に対して良い印象を抱き、さらにポジティブな感情を持ったまま「相手を助けたい」「優しくしたい」など言った気持ちになると言われています。

香りにはリラックス効果だけではなく、こんな心理状態も生み出す力を持っているようです。

 

男性が女性に花束をプレゼントする事は視覚の点からだけではなく、嗅覚の点からもベストなアップローチと言えそうですね。