疲れやすい、それもホルモンバランスが関係することも

最近疲れがとれない。いつもダルい。寝ても寝ても眠たい…

そんなことありませんか?

「疲れやすい」は第2位

更年期医療ガイドブックにようるアンケート調査では「疲れやすい」は第2位。

40歳を過ぎると筋肉量も減ってきます。エネルギーを生み出す力が衰える、姿勢が悪化する、などから疲労感を感じるようになります。

自律神経の働きが低下することで血液循環が悪化することも一つの要因です。

ビタミン、タンパク質の不足はないかを考える

必要栄養素が足りなくて疲れやすい場合もあります。

ビタミンやタンパク質は足りているか考えてみましょう。

ビタミンB群は糖質をエネルギーに変える時に必要です。疲労回復にはビタミンCやEが効果的と言われています。

だからと言ってこれらだけを含むものを摂っても、他が不足していれば身体の中でうまく機能しません。

バランスの良い食事が大事です。

軽い運動をする

疲労物資が溜まっていたり、血液循環が悪化している場合は軽い運動がお勧めです。

ただし女性は筋力が衰えてきているので、スポーツジムでの激しい運動はかえって疲労感が増すばかりです。

筋力をつけるストレッチなどと適度に軽い有酸素運動をすることで疲労物質の除去と血液循環の改善を行えます。

他の病気も考えてみる

疲労感を感じる他の病気の可能性もあります。

貧血や内臓疾患、低血圧、うつ病などの神経疾患の場合もあります。

長引く、症状が重い場合はお医者さんを受診することをお勧めします。