ホルモンバランス転換期に出現する症状

ハーブ、スパイス、ジンジャー

「更年期」という言葉に抵抗を感じる女性も多いはず。まだまだ若い40歳で更年期と言われるのは絶対イヤ!

じゃ、40歳からは「ホルモンバランス転換期」にしましょう!

「ホルモンバランス転換期」

ここでは「更年期」と言わず「ホルモンバランス転換期」と言う造語を使用。

若い方でも無理なく受け入れてもらいたいんです。

さて、「更年期症状」と聞いてみなさんすぐに答えるのは「ホットフラッシュ!」

ホットフラッシュと言えば、急に汗が噴き出しひとり暑い暑いと言ってる年配の女性…と言うイメージですが、実際40歳からのホルモンバランス転換期に一番多く出現する症状は違うんです。

発現頻度No.1は「肩こり」

肩こりなら今までもあったわ、特にホルモンバランスの崩れじゃないんじゃない?とお思いでしょう。

確かに同じ姿勢をとってパソコンに向かう時間が長いと肩が凝りますよね。

でも、ホルモンバランス転換期には今まで肩こりに悩ませれなかった人でも肩こりを感じるようになったり、経験者はガチガチに固まる、今までとは違う感じを味わったりします。

エストロゲンの減少で血流が低下し酸素や栄養が行き渡りずらくなる、疲労物資の乳酸が除去できなくなる。

さらに40歳からの筋力の低下により姿勢が悪くなっていくのも原因の一つです。

対策は全身のほぐし、肩のあたため

血行を良くしてやると肩こりが緩和されます。

肩こり緩和は肩周辺だけではなく体幹部や股関節を大きく動かす全身のほぐしが効果的です。

ラジオ体操やストレッチなど軽い運動が症状を穏やかにします。

また、肩を温めてやると肩周囲の血行が改善しほぐれて行きます。

 

他にも気になる症状がある場合はホルモンバランスだけではない場合もあります。

高血圧や脳の病気の可能性もあります、専門の病院の受診をお勧めします。