骨髄バンクを知っていますか?命のボランティア

骨髄バンク ポスター
骨髄バンク ポスター

「白血病などの血液の難病は今や骨髄移植を受けられれば不治の病では無くなった」

先日、白血病を患い実兄から骨髄移植を受けた友人の医師が言った言葉です。

移植さえ出来ればその後の治療は医学の進歩で何の問題も無くなったようです。

渡辺謙さんもお元気でお仕事されてますよね。

 

家族から骨髄移植を受けられることは大変恵まれたことです。

移植のキーポイントはHLA型。白血球の型です。

HLA型は、両親から半分ずつの遺伝子を受け継ぐため兄弟姉妹間では4分の1の確率で一致。

親子では稀にしか一致せず、非血縁者間では数百から数万分の1の確率。

そのため日本で白血病や血液の病気で、非血縁者間(家族でない人から)の骨髄移植や末梢血幹細胞移植を必要としている患者さんは毎年2,500人程です。

 

だからこそ広く一般からドナーを募る骨髄バンクが必要となるのです。

ドナー登録者が増えることで助かる命も増えます。

ドナー登録できる人は

 

 ドナー登録出来る方は

  • 骨髄・末梢血幹細胞の提供内容を充分理解している方
  • 18歳以上54歳以下
  • 体重が男性45kg以上/女性40kg以上の方

(他にも注意点や登録できない方の条件などもあります)

登録年齢は18歳からですが提供は20歳以上。

臍帯血の提供も出来ます。

臍帯血(さいたいけつ)とはお母さんと赤ちゃんをつないでいる、へその緒や胎盤の中に含まれている血液です

臍帯血幹細胞は骨髄幹細胞や末梢血幹細胞に比べると未分化で、少数でも骨髄の機能を回復させる能力をもっています。

患者さんと臍帯血のHLA抗原すべてが一致していなくとも移植が可能という利点があるようです。

ご理解のある妊婦さんは産院に相談すると良いそうです。

京大iPS研究所でも

 

骨髄バンク事業では京都大学iPS細胞研究所が企画する「再生医療用iPS細胞ストック」に協力。

京大iPS細胞研究所では「拒絶反応が起きにくいHLA型」を持つ健康なドナーの方の血液からあらかじめiPS細胞を作成してストックする事を進めており、約50種類ストックする事で日本人全体の約7割の患者さんの治療が可能になるそうです。

たった2mlの採血で

ドナー登録は、約2mlの採血ですみます。

適合するドナーの方を待ち望む患者さんにとって、皆さんの登録が命をつなぐチャンスになるかもしれません。