更年期と間違えやすい病気:橋本病

橋本病は女性の10人に1人の頻度で見られる病気。男女比は1:20以上で、とくに30〜50代の女性が発症しやすく、症状が更年期症状とよく似ているためこの年代の女性は更年期と勘違いしやすい病気です。

橋本病は、甲状腺に炎症が起きている病気ですが、細菌が入り込んで化膿するといった炎症ではなく、「自己免疫」の異常が原因で起きる炎症です。甲状腺の機能が低下した状態を「橋本病」と言います。

甲状腺の病気は首が腫れて太く見えるのが特徴です。これは甲状腺の機能が低下する「橋本病」も機能が亢進する「バセドウ氏病」も同じです。

 

症状は

  • 息切れ
  • 全身倦怠感
  • 低体温
  • 寒さに弱くなる
  • 食欲減退
  • 便秘
  • 皮膚の乾燥
  • やる気が起きない・ボーっとする
  • 記憶力が落ちる

などがあり、ちょうど更年期世代の女性は更年期の症状と思ってしまったり、うつ病や加齢のせいと勘違いしがちです。

どこに行けば良いの?

 

「甲状腺科」や「内分泌科」などが専門の科になります。 

治療は

症状が出ていても明らかに甲状腺ホルモンが少ない人は10%ほど、橋本病と診断されても70%の人は甲状腺機能は正常です。

甲状腺機能が正常な場合は経過観察。

低下している場合は甲状腺ホルモンの薬を飲みます。

何かしらの更年期症状への対処をしているにもかかわらず、不調が続く。体のだるさが続く、寒さに異常に弱くなった…などの場合は専門科を受診することをお勧めします。