40歳から気付いてほしい変化

ハーブ、スパイス、ジンジャー

40歳から女性の身体は変化を始めます。ストレス社会の現代ではもう少し早くから始まっているかもしれません。

月経の変化

30代後半から卵巣機能が低下するため月経が変化していきます。

若いうちから自分にとっての月経を知っておくことが大事です。おおむね25〜38日は正常月経です。

40代(閉経の10年前)に入ると多くの女性に月経の乱れが見られます。

40代前半では間隔が短くなる(頻発月経)、40代後半では間隔が長くなる、飛び抜ける(散発月経、稀発月経)などの変化が現れ始めます。 

また、生理かどうかわからない出血やダラダラとした出血(不正出血)など、これまでと違う月経になることもあります。

人によってはかなり大量の出血や、レバー状の塊が出る人もいます。

夜用ナプキンが必要になったり、椅子から立ち上がった途端嫌な思いをしたり、こまめにトイレに行けない場合は少々辛い思いをする事も。

 

ホルモンのバランスが崩れて閉経に近づいている場合もありますが婦人科の病気(子宮内膜症や子宮筋腫)の場合もあるので放って置かずに病院で診てもらうことをお勧めします。

身体の変化

40歳以降、女性は様々な症状が現れ始めます。

生理が終わらないと更年期ではないとの認識から、多く人は更年期症状とは気づきません。そのため数多くの病院通いや転院を繰り返します。

生理が変化し始めたときからホルモンバランスは崩れています。

その症状は婦人科で診てもらうと良くなるかもしれませんよ。

この次は様々な身体の変化について詳しく。