コラム

フラエクササイズ de からだケア

さっぽろ市民カレッジ2018冬期 ご近所先生企画講座で開講するこちらの講座は、フラの基本を利用し楽しみながらホルモンゆらぎを整える講座です。

続きを読む

ホルモンゆらぎを楽しく整える!

さっぽろ市民カレッジ2018冬期 ご近所先生企画講座で開講するこちらの講座は、フラの基本を利用し楽しみながらホルモンゆらぎを整える講座です。

続きを読む

今日は世界メノポーズデー

10月18日は「世界メノポーズデー」。そして18〜24日は「メノポーズ週間」です。

続きを読む

体内時計のリセット

健康相談教室「快適な睡眠で健康づくり」今日は栄養面から快適睡眠を考えます。

続きを読む

快適な睡眠で健康づくり②

薬に頼らず眠る努力をしてもどうしても眠れない時はお薬に頼るのも良いでしょう。

不眠のタイプは大きく3つ。薬はタイプに合わせ処方されるので、お医者さんには自分の睡眠の状態を正しく伝える事が必要です。

続きを読む

快適な睡眠で健康づくり

日本人の20%が慢性的な不眠を感じ、15%は日中に眠気を感じていると言われています。

続きを読む

女性の健康ワークショップ

10月から「女性の健康ワークショップ」を開催します。

続きを読む

大豆製品と安全性

大豆、イソフラボンの取りすぎは健康に害はないのでしょうか?というご質問を頂きましたので、お答えいたします。

続きを読む

楽しく美味しく食べて生涯現役

8月の健康相談教室は「口腔ケア」がテーマでした。

続きを読む

女性の健康セミナー、アンケート結果

7月18日 (株)日本製鋼所室蘭製作所にて行った「女性の健康セミナー」では担当の方がアンケートをとってくださいました。

遅くなりましたが、アンケート結果についてお届けします。

続きを読む

漢方から見る更年期②

前回の体質のうち更年期女性は「気滞」「血虚」「瘀血」になりやすいと考えられています。

それぞれに合う女性の3大漢方についてお伝えします。

続きを読む

漢方から見る更年期①

前回の「漢方のキホン」で流派が複数有る事はお伝えしました。

今回学んだの講座の考え方がシンプルでわかりやすかったので、この流派から見る更年期の漢方をお伝えしていきます。

今日はまず、6つの体質についてお伝えします。

続きを読む

漢方のキホン

高麗人参
高麗人参

よく聞く高麗人参や霊芝(アガリクス)は漢方薬なの?

生薬ブレンドの薬用酒は漢方?

続きを読む

食中毒にご注意

先日、食中毒についてお話してきました。

続きを読む

乳がん転移 画像で診断

7月24日付日本経済新聞の内容を、もう少し詳しくまとめてみました。

続きを読む

腸内細菌を制御する物質がある⁈

「腸内環境を制御する抗菌ペプチド α-defensinと疾病」を聞いてきました。

お話は北海道大学大学院 先端生命科学研究院 細胞生物科学分野 中村 公則先生です。

続きを読む

熱中症にご注意

今年は北海道も30度を超える暑さが続いています。

改めて熱中症についておさらいです。

続きを読む

カルシウム吸収の良い食べ合わせ・悪い食べ合わせ

今日の無料健康相談教室「骨粗鬆症予防のコツ」の中から、管理栄養士さんのお話を。

続きを読む

健康に影響する因子

先日「生活習慣病予防のための健康づくり」〜現役世代を対象とした機能改善&生活習慣病予防のためのエクササイズ〜を聞いてきました。

お話は北翔大学生涯スポーツ学部スポーツ教育学科 花井 篤子先生です。

続きを読む

良い汗悪い汗

本日のTBSテレビ「健康カプセル!ゲンキの時間」より。

続きを読む

高濃度乳房を知って

7月4日付の日本経済新聞より。

続きを読む

笑いと病気

今年5月から「笑い」はがんに効く、という実証研究がスタートしました。

続きを読む

腸内フローラの確認の仕方

先日、腸内フローラの整え方をお伝えしました(→こちら

整ったかどうかの確認の方法をお伝えします。

続きを読む

ホルモン変化による症状と対処法

札幌市の「市民カレッジ ご近所先生企画講座」の講師を勤めました。

講座名は「フラエクササイズ de からだケア ~ホルモン変化による症状と対処法~」

そこでのアンケートからわかった事をお伝えします。

続きを読む

夏バテ?実は違うかも

暑い夏は汗と一緒にいろいろなものが身体から失われます。身体の中も変化する。

夏バテ?と思っていたら…というお話。6月健康講座シリーズ第三弾。

続きを読む

腸内フローラの整え方

アレルギーや喘息などの炎症体質、肥満にも腸内フローラは関係があると言われます。

今回は腸内フローラの整え方をお伝えします。

続きを読む

腸で繋がる母と子の絆

(株)ちとせ研究所・シニアバイオエンジニア(薬学博士)笠原 堅先生のお話をプラスリノがまとめました。

笠原先生自身、お子さんがアトピーを発症し腸内フローラ・食生活改善などからお子さんのアトピーを克服されたご経験があります。

続きを読む

経口補水液とスポーツドリンクの違い

前回、夏バテ対策に「水分補給」とお伝えしましたが、経口補水液とスポーツドリンクどちらを飲めば良いのでしょうか。

続きを読む

レインボーベジタブルを知っていますか?

先日の更年期と加齢のヘルスケア学会 北海道支部勉強会での満岡孝雄先生のお話「栄養とサプリの最近の状況」から一部お伝えします。

続きを読む

暑さに負けるな!夏バテ対策

身体がだるい、疲れがとれない、食欲がない、眠れない…夏の暑さでの身体の不調を「夏バテ」と言いますね。

でもその夏バテ、ただの疲れではない可能性があります。

続きを読む

夏でも冷え性

「冷え」は冬場だけではありません。夏でも「冷え」対策は必要です。

「冷え」から来る月経痛、肩こり・頭痛・腰痛もあります。

続きを読む

メタボリック対策にもなるエクオールの効果

メタボリックシンドロームとは高血圧、脂質異常、高血糖の3つ、そして肥満が重なって起こることで、動脈硬化のリスクが高まるとする病気の予備軍を言います。

続きを読む

女性の大敵!ロコモにエクオール

ロコモティブシンドロームとは骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で、歩行や立ち座りなどの日常生活に障害を来たしている状態のことを言います。

続きを読む

巻き爪

巻き爪でお悩みの女性も多いはず。

病院を受診する方も多いようですが、「治療」も大事ですが「予防」が何より大事なようです。

続きを読む

ごく普通の行動で成り立つ排泄行動

「排泄」という行動にはありとあらゆる日常生活動作が含まれているのをご存知でしょうか。

NPO法人HAP 理事長の宮原富士子先生のお話からです。

続きを読む

子宮内膜症、発見の鍵は生理痛

あなたは辛い生理痛はありませんか?

もしかするとそれは子宮内膜症のサインかもしれません。

続きを読む

貧血を解決!食事編

貧血を予防する栄養素は鉄分だけではないのは前回もお伝えしたこと。

今回はどんなものに何が多く含まれているか、さらに食べ合わせの一工夫をお伝えします。

続きを読む

貧血を解決!

「貧血」と聞いて思い浮かぶのは「フラフラ」「クラクラ」「鉄剤」…でもそれだけでは無いんです。

続きを読む

果たして月経は月に一度必要か

月経困難症はいわゆる生理痛。月経時に下腹部痛、腰痛などの痛みを訴え、仕事や学業などの社会生活が困難になる事もあります。子宮内膜症や子宮腺筋症のような器質的疾患が原因で痛みが出る場合も多いようです。

続きを読む

自分が変われる一歩を踏み出してみよう

続きを読む

あなたの元気がみんなの元気

続きを読む

知っておくと役立つ 花粉症改善策②

今回は治療についてです。

続きを読む

知っておくと役立つ 花粉症改善策

4月の無料健康相談教室は花粉症について。

本州ではもう飛散していますね。

続きを読む

PMS/PMDDの治療法〜食事療法、栄養面から

2016年発行「産科と婦人科」の特集「月経前症候群・月経前不快気分障害の最新知見」から。

東京医療保健大学医療保健学部医療栄養学科 神田 裕子先生、同大学大学院医療保健学研究科 塩見拓也さんの論文です。

続きを読む

PMS/PMDDの治療法〜サプリメント

2016年発行「産科と婦人科」の特集「月経前症候群・月経前不快気分障害の最新知見」からです。

症状の種類や程度に個人差はありますが、女性の8割が生理前になんらかの不快な症状を感じているようですが、その中で婦人科に通院し治療を行う女性は約1〜2割程度のようです。

続きを読む

ジェネリック医薬品って何?

ディケアさんでの薬のお話し第三弾は「先発医薬品とジェネリック医薬品の違い」について。

ジェネリック医薬品の出始めによく耳にした話題ですから、これまたよくおわかりの事かもしれませんね。

続きを読む

薬と合わない食べ物って何?

ディケアさんでの薬のお話し第二弾は「薬と合わない食べ物」。合わない食べ物聞いた事ありますか?の問いに真っ先に上がったのは「グレープフルーツ!」そして「納豆!」。

皆さん良くお解りの事ととは思いますが、曖昧に知っている事、あるかもしれません。

続きを読む

人に薬をあげてはいけないのは何故?

3/22にディケアさんで薬の基本をお話ししてきた内容を数回に分けてお届けします。

一緒に暮らしていると「この薬は良く効いたよ」「私の湿布を分けてあげようか」など自分の薬を他人にあげてしまうケースがあるようです。どうしていけないのかをお話ししました。

続きを読む

女性における変形性膝関節症の実態とその治療

超高齢社会を乗り切る為にと言うテーマで帝京大学整形外科教授 中川匠先生がお話してくださいました。

続きを読む

脂質異常症

3月の無料健康相談教室は「脂質異常症」

気になる患者様が多数聞いてくださいました。

続きを読む

患者さんにとっての大きな希望

私が講師を務めるフラスタジオ ナオは骨髄バンク登録推進運動の一環である「命のつどい」に毎回参加しています。

今日聞いてきたお話の内容からです。

続きを読む

わかりやすい糖尿病運動療法の実際

先日の糖尿病薬剤師研究会よりJCHO北海道病院 リハビリテーション部 士長 館博明先生のお話をまとめてみました。

続きを読む

インスリン抵抗性と運動

今日は3月1日のコラム「超高齢社会を乗り切るための更年期からの運動習慣」のお話の中から、インスリン抵抗性糖尿病の方へ運動を進める科学的な理由を。

続きを読む

ストレスの感じ方、回避の仕方

女性は男性よりもストレスに弱いと言われます。感じ方は人それぞれ、個人差もあります。

どう回避すれば良いのでしょうか。

続きを読む

女性の今後を考える

昨日の更年期と加齢のヘルスケア学会 北海道支部勉強会でのディスカッションから、本日は珍しく私の個人的考えを述べてみようと思います。

 

続きを読む

超高齢社会を乗り切るための更年期からの運動習慣

国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所健康増進研究部身体活動評価研究室 室長 澤田亨さんのお話からです。

続きを読む

脊柱の柔軟性

女性は低体力の方が多いと書きましたが、筋力が低下することでさらに脊柱の柔軟性も失われていき、運動すると疲れやすいと言う悪循環となってしまいます。

続きを読む

低体力者に勧める日々の運動療法

2015年の更年期と加齢のヘルスケア学会より、Professional Life 理学療法士の早川庫輔先生と国沢孝弘先生のお話とそこから学んだ事です

続きを読む

長寿のための腸内環境

管理栄養士である金城学院大学の丸山智美先生のお話です。

続きを読む

エクオール含有食品はがん既往者にも使用可

2015年更年期と加齢のヘルスケア学会での慶應義塾大学医学部産婦人科の牧田和也先生のご講演内容です。

続きを読む

からだに良い油②

必須脂肪酸というのは体内で作られないもので、食べ物から摂取する必要の有るものです。

また、なるべく摂らないほうが良い油も有ります。

続きを読む

認知症も予防⁈からだに良い油について

あぶらには「脂」と「油」が有るのはご存知ですよね。

この二つの違いは何でしょう。

続きを読む

月経トラブルに関係する婦人科疾患

現代女性は昔の女性に比べ一生の月経の回数が格段に多くなっています。

このため月経に関するトラブルを経験する事が多くなっていると言われています。

続きを読む

私はエクオールを作れているんでしょうか?

先日のアグリミセスセミナーで講演中に出た質問とその回答をお伝えします。

続きを読む

いきいき女性でいるために②

女性ホルモンが低下した後は自分自身でケアしていく必要があります。

健康でいきいきとした女性でいるためにはどうしたら良いかのお話です。

続きを読む

いきいき女性でいるために①

いきいきしているという事は健康であるという事と同じであると思います。

そんな「いきいき女性」でいるためにはどうすれば良いでしょうか。二回に分けてお伝えします。

続きを読む

リラックス状態を作り出せる〜リラクセーション反応〜

帝京平成大学ヒューマンケア学部看護学科母性看護学・助産学 日置智華子先生の「若さを保つリラクセーション〜ストレスとの上手なつきあい方〜」という演題から学んだ事をお伝えします。

続きを読む

リラックス状態を測定出来る

昨年の7月に行われた更年期と加齢のヘルスケア学会サマーセミナーでの講演より。

産業医科大学医学部薬理学 柳原延章教授の「更年期障害と自律神経バランス」のお話をわかりやすく掻い摘んでお伝えします。

続きを読む

セルフメディケーション税制

今年(平成29年)1月から始まった新しい医療費控除の特例です。

どんなものかご存知ですか?簡単にわかりやすくお伝えします。

続きを読む

女性は40〜45歳から日常的に筋肉を鍛えるべし

昨年行われた更年期と加齢のヘルスケア サマーセミナーより藤沢市保険医療センター医療事業部 診療担当部長・保険事業課主管 稲次(いなじ)潤子先生のお話から。

続きを読む

腸活で便秘予防③〜便秘薬〜

運動でも食事でもなかなかうまくいかない時、お薬に頼ることがあってもよいと思います。

便秘薬には①刺激タイプ②膨張タイプ③浸潤タイプ④浸透圧タイプがあり、ご自身にあったものを選ぶことが大切です。

続きを読む

腸活で便秘予防②〜運動で腸活〜

作日の健康講座から、便秘のタイプ別腸トレーニングについて。

運動不足は大腸の筋力の低下も引き起こします。

続きを読む

腸活で便秘予防①

本日行った健康講座から。

順天堂大学の小林弘幸先生のお話を参考にさせていただきました。

続きを読む

いろいろあるHRT〜塗り薬

塗り薬の一つディビゲル1mg
塗り薬の一つディビゲル1mg

ホルモン補充療法(HRT)前回は私の使用している貼り薬でしたが、今回は塗り薬について。

続きを読む

女性更年期障害に対するサポート〜対象薬、食事療法を理解する〜②

1月19日開催の第250回薬剤師臨床セミナー 特別講演は旭川医科大学産婦人科学講座 周産母子センター講師 加藤育民先生のお話。

続きを読む

女性更年期障害に対するサポート〜対象薬、食事療法を理解する〜①

1月19日開催の第250回薬剤師臨床セミナーに参加してきました。特別講演は旭川医科大学産婦人科学講座 周産母子センター講師 加藤育民先生です。今回は二回に分けて内容をお届けします。

続きを読む

胃の痛み、喉のつかえ

自律神経のバランスが崩れると飲み込みづらさを感じる事もあります。

続きを読む

乳房超音波検査

マンモグラフィと並行して行われる検査の一つに超音波検査があります。

続きを読む

歯周病

歯周病原因菌が全身に及ぼす影響をご存じですか?

続きを読む

女性と漢方〜加味逍遥散〜

山梔子の花
山梔子の花

加味逍遥散は更年期障害の諸症状に広く使用されている漢方薬です。

多くの臨床試験成績や薬理学的検討結果も報告され、近年科学的な裏付けも蓄積されてきました。

続きを読む

Japanese Herb

今日は七草粥。

春の七草言えますか?

続きを読む

乳がん検診の必要性

上は乳がん、子宮頸がんの検診率を示した表です。

どの国と比較しても日本はずいぶん低いことがわかります。

続きを読む

疲労回復と女正月

明けましておめでとうございます。2017年、新しい年が始まりましたね。

続きを読む

おせちと健康〜黒豆・昆布巻き・田作り

皆さんはおせち料理食べますか?その意味と効能をお話。

続きを読む

旨味成分で健康〜干し椎茸、昆布、鰹節

お正月といえばおせち料理。

今日はそんなおせちに欠かせない出汁の旨味についてと出汁の取り方。

続きを読む

いろいろあるHRT〜貼付剤

周期的投与に用いられる貼付剤エストラーナ®テープ0.72mg
周期的投与に用いられる貼付剤エストラーナ®テープ0.72mg

HRT(ホルモン補充療法)にはいろいろなタイプがあります。

今日は貼付剤(貼り薬)について。以外と簡単、湿布と同じです。

続きを読む

骨密度減少を防ぐためにもエクオール

桃井かおりさんのCMをご覧になったことがあるかもしれません「いつの間にか骨折」

閉経後の女性は骨密度の減少に要注意です。

続きを読む

色とココロの健康

購買意欲が高まったり、食欲が抑えられたり、心を鎮めたり…色にはそれぞれ効果があるようです。

以前嗅覚についてお伝えしましたが(香りと脳)、今日は色と健康について。

続きを読む

むくみ改善

筋ポンプ作用促進に効果的なフラ
筋ポンプ作用促進に効果的なフラ

足のむくみでお悩みの女性も多いはず。昨日は漢方でむくみ改善をお伝えしましたがそもそもどうしてむくむのか。

薬を飲まなくてもできる解消法もお伝えします。

続きを読む

女性と漢方〜当帰芍薬散

最近CMで耳にする当帰芍薬散。

女性に嬉しい漢方のようですが、どういったものなのでしょう。

続きを読む

明日は冬至

冬至は一年で一番昼が短い日。冬至と言えばの食材を健康の面からお話。

続きを読む

もっとも効果のある治療〜HRT(ホルモン補充療法)

メノポーズカウンセラーの資格を取ったのは自分の更年期の症状をどうにかしたかったからです。

あちこち出現するつらい症状。婦人科の先生からは「そんなに症状があると漢方が決めにくい」と言われました。

正しい知識を得たことで、HRTは私から先生に処方をお願いしました。

続きを読む

PMSとのつきあい方

昨日PMSについてお伝えしましたが、今日はその二回目、PMSとのつきあい方。

続きを読む

月経前症候群(PMS)

今日は雪印メグミルク株式会社・社員さん対象のセミナーを行って来ました。

今回その中からPMSについてを2回にわけてお届けします。

続きを読む

食事で免疫力up!

基本は3食規則正しい食事です。不規則な食事は自律神経を見出し免疫力が下がります。

今日は管理栄養士さんのお話。

続きを読む

免疫力アップで風邪予防!

風邪の季節です。

本日行った健康講座から。

続きを読む

次々出てくる色々な症状

40代前半で貰った漢方は、その後あまり体調が悪くなる事はなく続けることはありませんでしたが、40代半ばを過ぎると次々と症状が出てきました。

ちょうど重要なポストに就いたり、責任ある仕事を任せられたりしてストレスもあったのかもしれません。

続きを読む

閉経後の身体を守るエクオール

前回はホルモンバランスが崩れたときに出現する症状にエクオールが効果的であることをお伝えしました。→こちら

今日は症状が出始め閉経を迎えた後の身体の変化に対するエクオールの効果です。

続きを読む

最初は漢方薬

私のつらい体験・治療のシリーズ4回目。

なんとなく調子が悪く婦人科に行き最初に先生が出してくれたのは漢方の処方でした。

続きを読む

エクオールをお勧めする方はこんな方

「女性の味方エクオール」シリーズの4回目。

私はこんな方にエクオールをお勧めしています。

続きを読む