決め手は「エクオール」

大豆が女性の身体によいと言われるのは

エクオールは女性ホルモンと形が似ている

昔から大豆は身体によいのは、女性ホルモン(エスロトロゲン)と形が似ていてよく似た働きをする成分を含むからと言われてきました。最近、その働きの元となっているのが大豆の中のイソフラボンが特定の腸内細菌によって変わった「エクオール」というものである事がわかってきました。

エクオールを作れる人はどれくらい?

エクオールは大豆に含まれるイソフラボンが体内で腸内細菌によって作られます。

日本・中国など大豆を良く食べる国々ではエクオールをつくれる人は約50%、欧米では20〜30%と言われています。

残念ながら日本でも若い世代は20〜30%、地域差もあり北海道はやはり約30%しかエクオールを作れないようで、これは食習慣や食生活の欧米化が関係していると考えられます。

大豆製品やイソフラボンサプリメントを摂っても、その効き目を実感できない人がいるのは体内でエクオールを作れるかどうかだったのです。

作れるかどうか知りたい!という方はインターネットで購入できる「ソイチェック」という尿検査簡易キットで調べる事も出きます。

女性に嬉しいエクオールの作用

エクオールの作用メカニズムや体内での働きはさまざまな研究が行われてきました。特に最近では、更年期症状を和らげる、骨粗鬆症の予防と改善、皮膚や血管の健康を保つ、といった女性に嬉しい健康維持効果が注目を集めています。

HRT治療が出来なかった乳がんや子宮がんの方にも使う事ができ、効果があるという研究結果が得られています。

エストロゲン様作用

エストロゲンは全身に働くホルモン。エクオールはエストロゲンが減少した体内でエストロゲンが働く場所にはまり込み骨、皮膚、血管、脳など全身を守る働きをします。

  • 更年期症状、障害を和らげる
  • メタボリック症候群の予防
  • 肌への作用
  • 骨粗鬆症の予防と改善

抗酸化作用

  • シミの改善・美白

さまざまな不調を和らげ更年期を心地よく過ごす

更年期症状が軽く済む確率が高い

体内にエクオール量が多い人は更年期症状が軽い、という研究結果がでています。

さまざまな更年期の不調がエクオールを摂る事によって1〜3ヶ月で約6割の方が改善するという研究結果が出ています。

のぼせ・ほてり・ホットフラッシュ 

頭痛 

めまい・耳鳴り 

物忘れ・記憶力低下

不眠・不安感

全身疲労感

口の渇き 

のどのつかえ

肩こり 

動悸・息切れ

食欲不振 

便秘・下痢

腰痛

しびれ・知覚過敏

皮膚や粘膜の乾燥・かゆみ

関節痛・筋肉痛

膣炎・性交障害 など


骨と血管、脳を守り女性の健康寿命を維持

更年期を過ぎエストロゲンで守られなくなった女性の身体は次々とさまざまな疾患(病気)が待ち受けています。

更年期症状が無いから安心、と思わず、その先を見据えて平均寿命を健康寿命にしていく必要があります。


40歳から低下する骨密度減少を防ぐ

骨密度は20歳をピークにだんだん減少していきます。特に閉経後はエストロゲンの減少で骨がもろく骨折しやすい状態になり、骨粗鬆症のなりやすさは男性の3倍です。

エクオールを摂る事で骨密度の減少を抑えるというデータがあります。

更年期以降のメタボリック対策

メタボリックシンドロームとは、高血圧・脂質異常・高血圧そして肥満が重なり動脈硬化のリスクが高まる予備軍のこと。

エクオールは糖尿病のリスクを示すHbA1c数値、動脈硬化のリスクを示すCAVI数値、LDLコレステロール値がそれぞれ減少したという試験結果があります。

これから期待される健康効果

乳がん・前立腺がんに対する効果

不思議なことにエクオールはエストロゲンと反対の作用(抗エストロゲン作用)もあり、乳がんのリスクを下げる可能性が期待されています。

男性ホルモン・アンドロゲンの働きを抑えることもわかっており、前立腺がんなどの男性の病気の予防や脱毛改善効果が期待されています。

 

コラム「女性の味方エクオール」もご覧ください。