PMSの緩和

二つのホルモンの急激な変化を抑える

生活習慣を見直す

PMSはエストロゲンとプロゲステロンの二つのホルモンの急激な変化によって怒ると言われています。

バランスの良い食事を心がけ、朝食を摂り低血糖を防ぎましょう。急激な血統の上昇はPMSを悪化させると言われています。

アルコールやカフェイン、塩分はイライラやむくみの原因になります。この時期は控えた方が良いかもしれません。

大豆は女性ホルモンの揺らぎを抑える作用があります。エクオールなどを一時的に摂ることも良いかもしれません。

PMSはストレスによって悪化します。緩和させるために入浴などでリラックスするのがお勧めです。

軽い運動はPMSの症状を軽くすると言われています。ストレッチやヨガ、散歩、など有酸素運動をしてみましょう。

タバコはどの症状・疾患にも悪い影響を与えます。もちろんPMSも例外ではありません。 

症状の出る時期・強さなどを知る

自分の症状を把握すると、分析ができ回避の手段も考えられます。

いつ出現するのか、何をしたら症状が悪化したのか、逆に症状が楽になったかなどを記録してみることで対策が取りやすく、仕事をセーブしたり重要な仕事を入れないなどの工夫もできます。

セルフケアで治らなければ薬

低用量ピル・漢方・鎮痛薬

病院で漢方薬や低用量ピル、鎮痛剤を処方して貰うのも1つの方法です。

但し、PMSに対して低用量ピルを貰う場合、保険適応がなく自費となってしまいます。大半が月経困難症と併発している場合が多く、月経困難症には保険が適応されていますから月経困難症に伴うPMSであれば保険適応され低用量ピルを処方してもらう事も可能です。

また、イライラや憂鬱などの症状がある場合は対症療法で抗うつ剤などを処方してくれる先生もいらっしゃいます。